株式会社マルゴ

経 営 理 念

  1. 社員の物心両面の豊かさを追求する。また、仕事を通して社員の人間性、人間力の向上をはかる。
  2. 成長拡大(増客・新規事業)と安定(顧客満足・マルゴファンづくり)を両立させ永遠に繁栄する会社になる。
  3. 同業他社のどこよりもお客様に愛され、必要とされ、なくてはならない存在感のある会社になる。

代表メッセージ

「社員の物心両面の豊かさを追求する。」という経理理念の下、故郷である青森から社員の定期採用を行い、現場での施工指導のみではなく、独身寮や社宅を完備して、家族同様に情操教育をすることにより、社員の人間性と人間力の向上を図っております。業界の常識である現場職人の下請制ではなく、高度な技術とマナー教育の徹底された社員職人(人数26人・平均年齢42歳・平均職歴23年)による直施工は、大手ハウスメーカー様、大手リフォーム会社様からご愛顧を賜っており、年間2,000棟の施工実績がございます。今後は、社員職人制の更なる向上を目指して5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)を徹底することにより、お施主様へのマナーが重要とされるリフォーム下請事業を強化し、業界のオンリーワンであり、お客様満足ナンバーワン企業を目指して参ります。
社長.jpg

基本方針

家を買います
1、まず、顧客ありきの商売の原点に戻り、全社営業体制を常に忘れず「お客様満足一番企業」を目指す。
グラフ
2、優勝劣敗を前提とした環境適応型企業をめざす。

(1)お客様あってこそ我が社は存在する。お客様の要求を満たすことこそ企業本来の務めなのである。会社の中の仕事の円滑化など考えていたら、会社は潰れてしまうことを心に銘記して、お客様の立場を考えて行動するのが企業本来の姿である。        

(2)お客様第一主義とは、お客様に迎合することではない。お客様と運命共同体になり、お客様にとって無くてはならない存在になることです。

(1)時代の流れ、ビジネス環境の変化に常にアンテナを張り、時流に乗った企業になるため我が社を創り変えて行く

数字を議論
3、実行のスピードこそ勝敗を決める。

(1)考えてます。解ってますは×。やったか?やっていないのか?やる為にはどうするか?が○。

zenntaisyasin.jpg
4、横並び経営ではダメであり、特徴ある企業を目指し、同業他社との独自化を図る。

(1)我が社の特徴である社員技術部制度をより一層磨くことで、技術力・機動力・サービス等々の面で圧倒的優位をつくりあげる。

数字の分析
5、社長は総てを捨て社業に専念し、経営計画書に掲げた事項を執念を持って遂行する。